まほろば応援団は、
まほろばスタジオの応援団です。(まんまじゃん)

会費も、
規約も、
勧誘も、
ノルマも、
ウマイ話も、(マジか)
なんにもありません。

応援のしかたはヒトそれぞれ。
できることから、自分のペースで、自分の地元で、
「なつかしいミライ」へ子どもたちを誘うアクションを
起こしてみてください。
3段階の応援のしかたがあります。

1、まほろば生活団
家族のためにみそ汁をつくる。 (これだけでもいいんです)
町で会う子どもにニッコリする。(それだけでもいいんです)
地域でみそづくりをする、子ども食堂を手伝う。
オオタヴィンを、励ます。(自分で励めよな)
上映会や配信に友達を誘う。
フェイスブックの「まほろば応援団」「いただきます」ページへ投稿する。
まほろばZOOMお茶会(無料)でおしゃべりする。

2、まほろば応援団
オオタヴィン映画を口コミ拡散する。(ここから応援団っぽい)
上映会、配信プログラム、クラウド情報をSNSで広報する。
オオタヴィンを、強く励ます。(だから、自分で励めよな)
上映会や配信のチラシを、公民館、カフェなどに置いてもらう。
地元開催の自主上映会の集客お手伝いをする。
配信サテライトスタジオを事前申請して友人に見せる。
自主上映会の主催者をする。(上級者です)

3、まほろば応援団スタッフ(応援団が認定したヒトのみスタッフ化します)
映画制作のお手伝い、まほろばスタジオの様々な運営サポートをする。
リアル宴会でオオタ監督を質問攻めにする、
公開前の新作映画のモニタリング視聴など、特典がいっぱいです。

IT、SNSに強いテクニカルスタッフは、
スタッフ(作業費支払います)として、特に歓迎募集中です。

応援団ご希望の方は、
1、まほろば生活団 2、まほろば応援団 どちらか希望を選び
2を選ばれた方は
名前、住所、まほろば応援団でやりたいこと、監督へのメッセージ
を記載のうえ以下のアドレスからご登録ください。(もちろん無料)

yuezi60@gmail.com 広報 長谷川

まほろば放送局では、
「こんな、素敵な保育園があるよー」
「伝統的な生き方をしてる、スゴイじいちゃん、ばあちゃんがいるよー」
「この人を映画にしたら最高ですー」
といった情報を発信していただく「まほろば特派員」
上映会の様子や、映画の感想を投稿してもらう「まほろばライター」
募集中。
オオタ監督は、常に映画のテーマを探しています。

まほろばスタジオは、東京高尾山にあるので
まほろば応援団@多摩は、リアル活動が豊富です。